犬が吠えども、キャラバンは進む。

Biar anjing menggonggong, kafilah tetap berlalu. インドネシアでひとを研究しているある院生の備忘録。

MENU

おすすめの本や、本の紹介が織り込まれている記事をまとめています。

▼Kindleがあれば、海外長期滞在中でも日本語の本が手軽に購入できます。 たくさんの本を持ち歩く必要もなし(((o(*゚▽゚*)o)))超おすすめです。

喫煙大国インドネシアで禁煙してみた【本とアロマで解決】

こんにちは!今日は、喫煙、禁煙、たばこの話です! 半年ほど前に、インドネシアのたばこがいかに美味しいか!ということを記録しました。そして記録にもある通り、「禁煙したいなぁ」と思っていたわけです。 www.gulamerah-weblog.com でもここは、喫煙大国…

【貸す?貸さない?】インドネシア人に「お金を貸して」と言われたら【返済問題と『負債論』的解決法】

こんにちは、今日はインドネシアにおける「お金」に関する出来事と私の考えた「お金でうんざりしない方法」を記録したいと思います。 「お金、貸してくれない?」 インドネシアにしばらく住んでいるとインドネシア人の友人や知人ができますね。そしてある程…

【Yahooブログサービス終了】WEBサービスの終了に伴って起きる情報資料の多量喪失について考えてみた【未来のサイバー歴史学者に送るエール】

こんにちは、今回はすこし学問的、あるいは個人的な話題です。 先日(2019年2月某日)、Yahooブログサービス終了のお知らせが私のメールボックスにも届きました。私がYahooブログを使っていたのは約10年ほど前、その時も留学経験の備忘録的な意味合いでブロ…

【Filosofi Kopi:Jogja】小説から生まれたコーヒー愛の込められたカフェ【ジョグジャカルタの店舗は大自然の中にある】

こんにちは!今日は、ジョグジャカルタのカフェ第二弾!最近インドネシアでは、カフェが大ブームで、そこかしこにおしゃれなカフェが次々できています。しかし、その多くは、スターバックスなどの国外企業を模倣したものが多いのも現実・・・プラスチック製…

『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』から考える「見栄」の人間らしさについて

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』は、アメリカのSF作家フィリップ・K・ディックの作品の一つ、非常に有名なSF小説です。1968年に初版原作(英語)が出版され、その一年後1969年には日本語訳が出版されています。原題や邦訳題のパロディなどが多く見られ…



Copyright © 2017年-2019年 ぐら「犬は吠えども、キャラバンは進む。」 All rights reserved.

免責事項
当ブログに掲載、記述された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
プライバシーポリシー
当ブログは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはGoogle アナリティクス利用規約にて確認できます。

その他「広告配信」等に関しては、ABOUTにてご確認ください。