犬が吠えども、キャラバンは進む。

Biar anjing menggonggong, kafilah tetap berlalu. インドネシアでひとを研究しているある院生の備忘録。

MENU

【Nasi Balap Puyung Lombok/ロンボク激辛鶏肉卵飯】おしりがからいと熱が出る【食べてみた】

加筆修正日:2019年2月5日

(当初記事のタイトルになっていたNasi Udukとは、バタディ式の一品ご飯料理のことを指すようです。その名前は寮のお手伝いさんに確認したものだったのですが、「Uduk=混ぜる」という意味*1であり、ご飯と鶏肉などの惣菜を混ぜて食べることから「Nasi Uduk Lombok(ロンボクの混ぜご飯)」と教えてくれたようです(そのため完全な間違えというわけではない)。しかし先日ふと気になって調べたところ、「Nasi Balap Puyung」というロンボクでの正式名称が存在し、店頭の看板にも表示されていたことから二年も前の記事ですが、加筆と修正を加えることにしました。)

 

こんにちは!先日からお腹の調子がすぐれません。

とてもお尻がからいです。

このお尻のからさ、お腹の調子の悪さ、何が原因か思い当たる節があります。

それは先日食べた、Nasi Uduk Lombokと言われるご飯です。一皿に全てが乗っかって完結しているタイプのご飯なんですが、路肩のお店で売っているのを見かけて食べてみたらほんと美味しくて(でも辛くて・・・。)、そして数日後におしりが辛くなったという記録です。

ご飯とおしりの話題を同じ記事に載せてしまっていること、本当に申し訳ありません。

人間だもの。

 

 

 

f:id:gulamerah:20170807123825j:plain

道端で売ってるNasi Uduk Lombokを買ってみた

 店の前(道端にひかれたビニールシートの上)で食べてもよいのですが、お持ち帰りにしたいって言うと紙でぐるぐる巻いてビニール袋に入れてスプーンつけてくれました。ぐるぐるまかれたご飯、クレープみたいな形です。

 お値段は、RP.16.000(約150円)。一食分の値段として、このご飯の量を考えると少しお高めです。その後、月一くらいで買いに行くようになったら値段が下がりました。インドネシアあるあるですね、よそ者からは容赦なくぼったくっていくスタイル。まぁ数十円なので目くじらを立てずに、値下げしてくれたら素直に喜びましょう。

 通っているうちにわかったことですが、具材をカスタムできるようで「コンプリート?」と聞かれます。コンプリートだと全部のせ、私は未だにカスタムしたことはないのですが、煮卵二つとかにできるのかな・・・。おそらくカスタムすると値段も変わってくると思います。

 

Nasi Uduk Lombokを食べてみた

 激辛鶏肉炒めと甘い煮卵、クリスピーなジャガイモスナックと緑の唐辛子、揚げたナッツをご飯の上に乗っけた、ロンボク島名物の激辛鳥肉炒め丼・・・?うーん、とにかく激辛だけど鶏肉と揚げたナッツのハーモニーが美味しいご飯なんです。この茶色いのは卵で、唯一この味付け卵は辛くないのですが、その他アボン(しっとりふりかけ的な味の濃い魚のほぐしだったり鶏肉のそぼろ的な物)がめちゃくちゃ辛い。

f:id:gulamerah:20170807123750j:plain

ご飯も結構多めに入れてくれますが、私はこのアボンが辛すぎて一度では食べきれませんでした。ご飯が圧倒的に足りません。

f:id:gulamerah:20170807124246j:plain

そのため、その日の夕飯もこのNasi Udokのアボン(残り)を新たに炊いたモロコシご飯と一緒に・・・・。

f:id:gulamerah:20170807124351j:plain

永遠に、おかずが残ります・・・・。

 

おしりがからい事件に発展

そしてこのNasi Uduk Lombokを食べてから3日後、お尻が辛くなってきます。

食べ物とお尻の話を一緒にしてはいけない気もするのですが、仕方ありません。

なにせ、おしりがからいのですから・・・。

お尻が辛い、とはどんな状況かというと、つまり辛いもの食べた後にうんこも辛くなって、お尻が辛いうんこのためにひりひりするという状況ですね。

お腹の調子もすぐれませんし(辛いし痛い)、なんか昨日は38度越えの熱が出たし(辛くて熱くなった?)、さっきもお尻は辛かったです(痛い)。

ちなみに、このNasi Udok、そんなに辛くないやつもあるらしいです。

私が買ってきた奴は、Nasi Uduk Lombok、ロンボック地方のNasi Udukだったらしくて、寮のお手伝いさんたちも「それはからいわよ!!」て言っていたくらいです。辛いものになれている彼女達が特別辛いというくらいですから、相当な辛さだったのでしょう・・・。でも、おいしかったんだもの・・・・食べちゃったわよ・・・。お尻が辛くなったわ・・・。辛さの要因は、もちろんCabe(唐辛子)です。そういえば、渋谷にCabeというインドネシア料理屋さんがあるらしいです。いったことないですけど。

以上、このお尻が辛いという感想も含めて、先日食べたNasih Udok Lombokについての記録でした。

 

辛い食べ物はおいしいですけど、食べる際にはぜひお腹とお尻に気を付けてください。

追記:私が食べたNasi Balap Puyung Lombok屋さんのその後

 実は私が記事を書いてから一年後の2018年くらいに、彼らは真後ろで営業していた洋服屋さんのスペースに常設のレストランを開業しました。このNasi Balap Puyung Lombok、地元でも美味しいと有名にだったらしく、ユーチューブのグルメチャンネルなどにも取り上げられていたようです。

www.youtube.com

 今でも美味しいけど激辛なNasi Balap Puyung Lombokを同じ場所で、昼時には店の前に仮設スペースを設置して販売しています。私もお腹を壊さないように体と相談しつつ時々食べてます(そうまでして食べたい。)

 

 

Copyright © 2017年-2019年 ぐら「犬は吠えども、キャラバンは進む。」 All rights reserved.

免責事項
当ブログに掲載、記述された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
プライバシーポリシー
当ブログは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはGoogle アナリティクス利用規約にて確認できます。