犬が吠えども、キャラバンは進む。

Biar anjing menggonggong, kafilah tetap berlalu. インドネシアでひとを研究しているある院生の備忘録。

MENU

近年のインドネシアで爆発的に普及し人びとの生活を変えたアプリ(2019年版)【GoJeck, Grab, Traveloka, Shopee, WhatsApp】

 インドネシアという地に初めて訪れてから、早くも5年目に突入しました。 たかが5年、されど5年、インドネシアではIT産業の成長がすさまじく、私が初めて訪れた時には想像もつかなかったような便利なサービスが日常生活に浸透しています。そんなインドネシアのITの成長をもっとも身近に感じることのできる、スマートフォン用のアプリケーションについてまとめてみました。同時に、アプリケーションを使用する際の注意事項、ちょっと失敗した出来事や怖かった体験なんかも、インドネシア滞在の参考になればと盛り込んであります。

盛り込みすぎてしまったので、それぞれのアプリについて分割して独立した記事にしました。(2019年8月)

f:id:gulamerah:20190205113918p:plain

日常生活をぐんと便利にした白タク配車アプリ:Gojeck, Grab

f:id:gulamerah:20190804133916p:plain

Go-Jekのホームページ(画像出典:GO-JEK Indonesia

 2015年くらいから爆発的に広まった交通系アプリです。インドネシアで使用できるアプリは主に2つあります。

  1. GO-JEK Indonesia
  2. Grab indonesia
  3. Uber Indonesia*1

 Gojeckはインドネシアの会社、Grabはマレーシアの会社が提供しています。Uberは日本にも参入しているアメリカ発祥のサービスです。Uberなどを知っている方は、「白タク」というと、自動車の白タクを思い浮かべると思うのですが、実は東南アジアでは自動車ではなくバイクのタクシーが呼べるのです。

 このアプリを使用していると生活にローカル感がぐっと増します。実際に渋滞をすり抜けて移動できたり、家にいながら空腹をみたせたりと生活がとても便利になるのでインドネシアでぜひ使っておきたいアプリです。

▼Go-Jek、Grabなどの交通系アプリについての詳細は以下の記事にまとめました。

www.gulamerah-weblog.com

インドネシア国内航空券、ホテルが充実、旅行手配サイト:Traveloka

f:id:gulamerah:20190706144228p:plain

Travelokaのオンラインサイト、アプリ経由の方が割引も多い。
(画像出典:Traveloka.com

Traveloka.com - The No. 1 solution for all your travel needs

 Travelokaは、インドネシアの航空券・ホテル予約ができるオンライン旅行手配会社のアプリです。インドネシア国内の航空券等、インドネシア国外のサイトだと見つかりにくい&値段が高い航空券も、さくっとお得に見つかります。値段も定価か、それ以下。

 航空会社が自社サイト限定のキャンペーンなどをやっていない時は、このサイトのアプリ経由が最低価格になることが多いです。

 インドネシア国内の航空券やホテルだけでなく、マッサージやアトラクションなどの割引もあるので、持っているとお得にインドネシアを楽しめます。

▼トラベロカの魅力については、以下の記事に詳しくまとめました。

www.gulamerah-weblog.com

自力で探すことがめんどくさい物もポチッと買える、ショッピングアプリ:Shopee

f:id:gulamerah:20190808000229p:plain

オンラインショッピングサイトShopeeのトップページ(画像出典:Shopee
 Shopeeとは、「ショッピー!ショッピッピーピピッ!!!♪」というハ○キルーペにも劣らない会社名連呼のCMと韓国アーティストの替え歌をインドネシア中に響かせている新興オンラインショッピングサイト、インドネシア版Amazonです。12月12日「買い物の日」には、音楽番組を制作し長時間チャンネルをハックしていました。
 取り扱い商品はおそらく法律に引っかからなければなんでもあり。正式なブランドによる販売ページから、個人が中古のアクセサリーを売っているページまで、本当に何でもありなのでボ○ィショップのリジェクト品なんかも売ってる。ブランド物の偽物も普通に売ってます。
 アプリをダウンロードすると、チャットアプリのような感覚で商品販売者と連絡を取ることができます。支払いの完了や発送の通知などがアプリ経由で通知されるため、取引をスムーズに行うことができます。
 
▼Shopeeを利用してエッシェンシャルアロマオイルを購入したときの記録を以下にまとめました。
Check! 要注意ショッピングサイト:Vip plaza ジャカルタに倉庫を持つ通販サイト。アプリやサイトのデザインのクオリティに、サービスの質が追いついていない残念な会社。対応が遅い、発送も遅い(発送するまでに1週間とかかかる)、インドネシア人にも評判は良くない。商品写真の綺麗さに騙されないで!私は見事に騙された*2

インドネシア人定番のチャットアプリ:WhatsApp

WhatsApp

 日本は今でもLineが主流(だと思うの)ですが、インドネシアではWhatsAppが主流です。
 スタンプ機能などをはじめとした余計なオプションが一切ないメッセージアプリ、サクサク動く。ビデオ通話、音声通話も可能。動画の質はラインより悪いが、電波の安定しないインドネシアでは画質より途切れない軽さの方が重要。
 個人的にラインより優れている点を挙げるとすれば、送受信した画像が端末の独自ファイルに保存される点。ラインだと保存し忘れた受信画像や、ラインアプリから直接撮影した送信画像は、どんどん消えてしまう。けど、WhatsAppなら勝手に保存されている。また、買い替えや破損でWhatsAppを再ダウンロードした場合、バックアップされていた分の会話データが復元される点も、メッセンジャーアプリとしてLineより安定感があると思う。Lineが短期間のチャット会話アプリだとすれば、WhatsAppは中期的なメッセージ送受信アプリという感じです。
 Lineよりもシンプルで、フェイスブックメッセンジャーよりも軽く、画像以外のファイル送信なども可能であるためビジネスマンの間でもメールより手軽な連絡ツールとして使用されている模様。インドネシアでお仕事される予定がある方は、必須のアプリだと思う。
Check!

インドネシアで人を動かそうと思ったら、個人的に連絡するのが一番早いです。事務所の電話は出ないのに、WhatsAppには返信する、みたいな事務の人います。

Instagram, Facebook, とにかく自撮りが好きすぎるインドネシア人

 この2つは日本でも世界的にも、人びとを狂わせていることで名高い。なんかもう投稿写真の9割自撮り、一緒に撮った写真勝手に投稿してタグ付けしてくる。「Selamat Pagi」というコメント共に自撮りを投稿している。今時ツイッターでも中々みない、挨拶投稿(+自撮り)で私のfacebookのTLは埋め尽くされている。
そして、暇さえあればLive配信、ベットに寝っ転がって配信、レストランで注文待ちしながら配信、友達待ちながら配信。
 
 でもね、最近年下のインドネシア人の友達に言われた一言、
「facebookやってないんだ―、あれはどっちかって言うと年配の人/親世代(Orang tua)が使ってるイメージ。」
 
Facebookって、古いらしい*3
 

まとめ

  • Go-jeckがあれば生きていける=ないともう生きていけない
  • ジャカルタでGo-jeckとか乗ると驚かれる(なぜなの?おしえてジャカルタの人!)
  • Lineが重すぎて削除したいけど日本の友達がゼロになってしまうのでできない。
  • 日本でもWhat's Up流行って
  • インターネットに個人情報がばらまかれるリスクはやっぱり怖い
  • お願いだからアプリケーションと共にプライバシーポリシーという概念も一緒に普及して
  • 2週間放置しただけでFacebook辞めたとか言われる狂気の世界。
 
以上、インドネシアの日常生活を劇的に変えた(と私が感じた)アプリケーションのまとめでした!
 
 

*1:2018年に撤退しました。

*2:商品は届いたけど、結果2週間くらいかかった

*3:日本の10代の子もそんな感覚なのかしら、カルチャーショックというより、ジェネレーションギャップ的な衝撃を受けてしまった



Copyright © 2017年-2019年 ぐら「犬は吠えども、キャラバンは進む。」 All rights reserved.

免責事項
当ブログに掲載、記述された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
プライバシーポリシー
当ブログは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはGoogle アナリティクス利用規約にて確認できます。

その他「広告配信」等に関しては、ABOUTにてご確認ください。